痛風 尿酸値 | 痛風改善を目指して!

Sponsored Link


こんな症状が出たら要注意!痛風の初期症状

 

痛風には初期症状があります。

 

初期症状は、「このままだと痛風になっちゃうよ!」という体からの警告。

 

以下のような症状がでたら要注意ですよ。

 

■痛風の代表的な初期症状
「足の親指に違和感が・・・・・・・」

 

もし、そのうような症状があったら痛風の初期症状の可能性があります。具体的には痺れたり、軽い痛みがあったり、指に変形が見られたりする症状です。こうした初期症状が出ても、やが治まってしまうので見逃しがち。思い当たる症状があれば、たとえ現在は治まっていても、医師の診察を受けることがおすすめです。

 

■尿酸値の増加
尿酸値の増加も痛風の初期症状です。

 

それは痛風のおもな原因は尿酸値の増加だからです。人間の体内では1日平均700mgの尿酸が生まれるんですね。その一方で、同じだけの尿酸が尿とともに排出されます。こうするとこで体内の尿酸バランスを保っているわけです。

 

とこが食生活や生活習慣などの外的要因で、尿酸が増加すると、そのバランスが崩れてしまうことも。。。そうなると、尿酸を排出しきれずに血液中の尿酸値も上昇してしまいます。このような尿酸値の増加も痛風の初期症状なんですね。

Sponsored Link

■初期症状を放置すると・・・・・・
初期症状を放置していると、ある日、突然、足の親ゆびに激しい痛みに襲われます。足の親ゆびは炎症を起こし、赤く晴れ上がるのが特徴。これが痛風の症状です。

 

痛風の痛みは猛烈で、我慢できないほどの激痛だと言います。歩くことさえ困難なほどで、日常生活にも支障をきたすことも・・・・・・。ですから、「痛風の初期症状かも?」と感じたらすぐに病院で診察することをおすすめします。

 

診察は一般の内科でOK。早期対策が痛風の悪化を防ぐ一番の近道です。

 


■まとめ

・痛風の典型的な初期症状は足の親指の違和感。軽い痛みや痺れ、指の変形があったら要注意。

 

・尿酸値の増加も痛風の初期症状。痛風のおもな原因は尿酸値の増加にある。

 

・初期症状を放置してるとやがれ痛風に発展する。その痛みは激烈!日常生活にも支障をきたしてしまう。初期症状を確認したら、早めに医師に相談するのがおすすめ。

Sponsored Link